ekuinox / miruku

カメラで撮影した画像をWebで確認したいがためのソフトウェア

Geek Repo:Geek Repo

Github PK Tool:Github PK Tool

miruku

a7iii から FTP で画像をアップロードする -> 画像をWebで確認できるように

やりたいこと

  • アップロードしたユーザに応じて付属情報みたいなのをつける
  • サムネを生成する
  • 画像に対してランダムなIDを振る
  • 公開/非公開/リンク共有できるようにする
  • cli からサムネを生成できるようにする
  • FTP 用のディレクトリをウォッチする
  • データ量をそこまで食わないようにする (symlink で済むならそうしたい)

ディレクトリ構造

media_id ... メディアに対するUUID

./data
├── db.sqlite3 ... メタ情報を保持する(こっちをmetaの正にする)
├── media
│   ├── {media_id}
│   │   ├── {origin_image}
│   │   ├── meta.toml ... これについては考える
│   │   └── thumb.jpg

db.sqlite3

Meta {
    id: MediaId string
    origin: string // path
    visibility: (private, public)
    date: option<timestamp> // 写真の撮影時
    device: option<string> // 撮影した機器の名前
    attributes: Json // なんでもつっこむ用
}

とりあえずマイグレーションはsqlxに頼る

meta.toml の中身

meta { id: MediaId visibility: (private, public) origin: string attributes: map<string, string> }

以下のコマンドで ./source から ./data 下のファイルを生成する。

$ miruku generate-media ./source

Server

以下のコマンドで ./data を使ってサーバを 9999 ポートで開始する。

$ miruku start-server

API

GET /media/list GET /media/thumb/{media_id} GET /media/origin/{media_id} GET /media/meta/{media_id}

ezoic increase your site revenue

About

カメラで撮影した画像をWebで確認したいがためのソフトウェア


Languages

Language:Rust 91.2%Language:TypeScript 8.2%Language:Shell 0.6%